退職代行なら引き継ぎは必要なし【注意点と方法を解説】

今すぐ辞めたいけど、「引き継ぎが終わらないと辞めさせない」と言われた…ツラい…
私は「後任が見つかるまで辞めさせない」と言われた…早く辞めたい…

このように辞めたくても辞めれなくて悩んでいる人のための記事です。

結論から言うと、

退職には引き継ぎは義務ではないし、拒否することもできるので引き継ぎなしで辞めても大丈夫!
引き継ぎが必要がないので、例え後任者がいなくても退職することもできます。

 

今回は退職代行を利用して引き継ぎなしで辞められる理由と方法について解説します。

退職における引き継ぎは義務ではない

まず大前提として退職時の引き継ぎ業務は法律上の義務ではありません

引き継ぎはお世話になった会社に対する気持ちとして行う業務なので、引き継ぎをしなかったからといって罰則が発生することもなく、損害賠償を請求されることはほとんどありません。

しかし退職する際に、

○どう考えても変えの効かない仕事を突然辞めることで会社側に多額の損害がある場合
○大量の従業員を引き抜いて一緒に辞める場合
などの会社に明らかな損害を与える悪質な行為となってしまう場合は、損害賠償を請求される可能性は0ではありません。

引き継ぎさせない状況にして、辞めさせない

退職するときには、引き継ぎをして周りに迷惑をかけずに辞めることが理想的ですが、その引き継ぎを会社側が人手不足などの理由でさせてくれないこともありあます。

そのような場合には、思い切って引き継ぎなしで退職してしまいましょう。

後任がいないと辞めさせない

後任が入ってくるまで、辞めさせない!

勇気を出して退職の意思を伝えても、このように言われて退職させてもらえないことがあります。

退職は本来であれば、自分の希望日の2週間前に伝えればに辞めることができます。

人手不足を理由に、引き留めにあっている場合には「会社に申し訳ない」と感じて辞めることを先延ばしにしてしまう気持ちもわかります。

しかし会社の人手不足の問題は、会社自身の人事体制に原因があるため、あなた自身の責任ではありません

よって、人手不足が理由で辞めれないということはありません。

引き継ぎなしで辞めるときの注意点

本来であれば引き継ぎをして辞めるのがベターですが、引き留めなどが原因で辞めることができない場合は対策をしておきましょう。

引き継ぎなしで辞めるときの注意点は3つ

○仕事を多く引き受けない
○辞める当日まで態度に出さない
○辞めれなかったときのリスクも考えておく
仕事を多く引き受けてしまうと損害賠償の請求される可能性が0ではないので、自分のキャパ以上の仕事は安易に引き受けないようにしましょう

辞める前にあからさまに態度に出してしまうと、辞めることに気づかれて直前まで嫌がらせを受けたりする可能性もあります

例え退職代行を利用しても、100%辞めれるわけではありません。

特に極端に安い業者や、違法が心配させる業者への依頼は注意が必要です

具体的におすすめの退職代行サービスが『退職代行SARABA』です。

退職代行サービスは私たちと会社の間に入って、会社に私たちが退職したいことを伝えてくれるサービスです

退職代行サービスを使うことで、相談した当日から出社をせずに確実に退職することができます。

その他にも以下の特徴があります。

○相談した当日から、会社との連絡は一切必要ない
○これまで退職を拒否されたことがない
○最短で即日退職できる
○退職後の手続きもサポートしてくれる

などの特徴があり、退職代行サービスとの連絡や事前の相談なども、ほとんどの場合はLINEで気軽にできます。

おすすめの退職代行サービス

労働組合名 退職代行SARABAユニオン
料金 25,000円(税込み)追加料金なし
強み 退職時の条件交渉

退職代行SARABA』は、労働組合法人が運営する代行サービスです。

労働組合が運営しているので、会社の立場が強く「不利な条件で言いくるめられる」といった不安にも、交渉のバックアップがあるので安心して依頼ができます。

退職代行ガーディアンを利用して退職する場合は、会社や上司への退職の連絡は不要です。

退職の連絡から有給休暇の消化の交渉、退職届の提出や貸与物の返却なども代行してくれるので、会社には顔を出す必要もありません

いきなり退職代行を利用するのに抵抗がある方も、依頼する前にLINEや電話で無料相談もできます。

LINEにも対応しているので「上司と連絡したくない」や「今すぐに辞めたい」などの相談も気軽にできます。

退職代行SARABA公式サイトで無料相談

まとめ:会社に行くのがツラいなら退職代行を利用しよう

引き継ぎや後任がいないという理由で、仕事を辞めることができない場合は、迷わず退職代行サービスを利用しましょう

引き留めにあってそのまま嫌な仕事を続けてもメリットは一つもありません。

無理に我慢をしてうつ病などの心の病にかかってしまうと、最悪の場合仕事への復帰も難しくなってしまいます。

人生一度きりです、辞めたいと思った職場からはできるだけ早く逃げ出すようにしましょう。

最後までご覧いただきありいがとうございました。

《関連記事》

関連記事

2021/6/14更新 退職代行サービスを利用したいけど…本当に辞めれるの?実際に利用いた人の話を聞きたい… 今回の記事では、私でぃおが実際に『退職代行SARABA』を利用して会社を辞めた体験談をご紹介していきます。 結[…]

関連記事

あ〜特に理由はないけど、今日は仕事行きたくないな…… こんな人のための記事です。 社会人なら誰でも一度は会社をズル休みしたくなることはあるでしょう。 この記事では、どうしても会社を休みたい時の理由をご紹介します。 結論か[…]

関連記事

会社を退職したいけど、退職理由は何がいいのか…退職のときに会社や上司とモメたくない…… このように悩んでいる人のための記事です。 結論から言うと確実に退職できる理由は、 ○病気による療養○結婚・出産○家庭の事情[…]

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!