雰囲気が悪い職場の特徴と耐えれない時の対処法

 

周りの会話は、悪口や愚痴なんかばっかりでイヤだ…
職場の雰囲気も悪すぎて仕事に行くのがツラい…

このような人のための記事です。

どんなに好きな仕事でも、職場の雰囲気が悪いとストレスが溜まってモチベーションも下がってしまいますよね。

結論から言うと、職場の雰囲気が悪いことでストレスが溜まって耐えられない場合は、すぐに転職をしましょう。

※転職をする際には、優秀な転職エージェントに相談しましょう。

具体的におすすめの転職エージェント3選

転職エージェントに相談することで様々なサポートが無料で使うことができます

職場の雰囲気は、あなた一人の力だけでは変えることは非常に難しいです。

対策としてはストレスに耐えて仕事を続けるか、転職をするかの2択です。

今回の記事では雰囲気が悪い職場の特徴と対策法を解説していきます。

○雰囲気が悪い職場の特徴5つ
○雰囲気が悪い職場で働くメリットとデメリット
○雰囲気が悪い職場の改善方法
○空気が悪い職場に耐えれない時の対処法

雰囲気が悪い職場の特徴

雰囲気が悪い職場には共通点があり、これからご紹介する特徴が当てはまる場合は注意が必要です。

それでは雰囲気が悪い職場の特徴から解説していきます。

社員同士が協力して仕事ができていない

本来仕事はひとりで成り立つことはなく、社員同士が協力して初めて成果が出ます。

しかし雰囲気が悪い職場は、社員同士が協力して仕事をすることができないために、コミュニケーションが取れずに致命的なミスが発生する可能性があります。

協力し合う意識の低い職場は、成果も上がりにくく職場の雰囲気も暗くなってしまいます。

ミスが許されない雰囲気がある

社員同士が協力し合えない上にミスが許されない雰囲気があると、全員がミスをすることにビクビクして良い成果を出すこともできません。

上司や社長から叱られる恐怖から、新しいことへのチャレンジもしなくなり、結果的に仕事の効率も上がらず伸び伸びと仕事をすることができません。

ハッキリいうと、時代遅れの職場です

上司が自分勝手で非常識

雰囲気の悪い職場で多くみられる特徴で、自分の考えが絶対に正しいと思っていて、部下の話は聞かずにミスをするとみんながいる前で、感情的に大声で激怒してネチネチ悪口を言ってくる上司がいます。

そんな上司は自分のせいで職場の雰囲気が悪くなっていることに全く気付いていないことが多いです。

職場の雰囲気は、「仕事の忙しさ」以上に「上司の良し悪し」で決まると言っても過言ではありません。

個人の仕事量が圧倒的に多い

常に仕事に追われながら仕事をしている人が多い職場は、職場内の雰囲気がストレスによって悪くなっています。

また、最初から達成できないノルマがあるとモチベーションも上がらずにヤル気が出なくなり、達成できないと上司から怒られたり最悪の場合給料を下げられたりして雰囲気は最悪になります。

このような職場では、残業が常態化しているので毎日のように残業をして自分が残業しなくていいときも、周りが残業しているために帰れないという状況になります。

機嫌の悪さが態度に出ている人が多い

雰囲気の悪い職場では、次のような特徴がある人が多くいます。

○仕事の不満などを物に当たっている
○言葉遣いが悪い
○頼みごとをすると、あからさまに嫌がられる
○日によって機嫌がころころ変わる
仕事をする上でストレスは避けることはできませんが、機嫌の悪さがあからさまに態度に出ると、いい印象を持てないですよね。

あまりに酷い場合は、業務の相談もしづらいですし自分の仕事にも集中できなくなってしまいます。

雰囲気が悪い職場で働くメリットとデメリット

結論から言って、雰囲気のある職場で働くメリットはありません

メリットがないだけでなく、このような職場で働き続けると精神的にも体力的にもよくありません。

雰囲気が悪い職場で働き続けるのは大きなデメリットがあります。

○ストレスが溜まって鬱などの精神的な病気の発生リスクが高くなる
○仕事のモチベーションが上がらずに、スキルアップへの努力をしなくなる
○社員同士が協力することができないので、仕事の効率も上がらず、致命的なミスにもつながる

このように、雰囲気が悪い職場で働き続けたところで良いことは全くありません

雰囲気が悪い職場の改善方法

自分から雰囲気が悪い職場を改善する方法がないわけではありません。

方法としては、

○自分から積極的に話す
○飲み会を自分から企画する
○みんなが嫌がる仕事を積極的にやる

などがありますが、時間がかかる上に労力的にも大変で相当な努力が必要です

さらにこれらの行動をしても職場の雰囲気が変わらないことの方が多いので、「今の職場に長く務めたい」という強い意志があればチャレンジしてみましょう。

 

雰囲気が悪い職場に耐えれない時の対処法

雰囲気が悪い職場で働き続けることには大きなリスクがあるので、できる限り早く転職を検討してください

いきなり転職ってリスクありそうだし……
次の職場も雰囲気が悪かったらどうしよう…

転職と聞いてこのような不安を持つ人も少なくありません。

そんな人には転職エージェントの活用をおすすめします。

まだ転職の意思が固まって無くても大丈夫

マイナビエージェント」や「JACリクルートメント」、「doda」では、ハローワークや雑誌などに載っていない求人も数多く扱っているために、ブラック企業を紹介される可能性も極めて低くなります。

転職エージェンは、転職の相談だけでなく現職の状況にも親身になって話を聞いてくれます

転職エージェントに相談することで、自身の自覚していない点(年齢、学歴、職歴、資格等)が評価されて、意外と簡単に今の職場より風通しの良い転職先が決まるケースもあるので、ぜひ利用を検討してみてください。

おすすめの転職エージェント

20代の若手の転職なら「マイナビエージェント」

○20代の転職に特化した、プロのエージェントが相談に乗ってくれる
○定着率が94.6と高水準
○企業からのスカウトオファーも受けられる

対応も親切で、安心して相談ができます。

無料登録はこちら(公式サイト)

30代のハイクラス転職支援「JACリクルートメント」

○外資系の高年収・ハイキャリア案件が多い
○担当コンサルタントが企業に直接交渉する、他社とは全く違う『両面型』スタイル
○社内教育が徹底されておりサービスが良い

他社では専属コンサルタントが1名つきますが、JACでは複数名つくのでより良い求人が多数紹介してもらえます

無料登録はこちら(公式サイト)

大手転職エージェントdoda

○10万件以上の圧倒的求人数
○独自の非公開求人も多く確保している
○各種診断やエージェントのサポートが手厚い

dodaは、求人の50%以上がエンジニア職で大手からベンチャー企業まで3万件以上の求人を保有しています。

無料登録はこちら(公式サイト)

まとめ

今回ご紹介した通り、雰囲気が悪い職場で働き続けると、精神だけでなく肉体的にもよくありません

ストレスを溜め込むことでうつ病になってしまったり、取り返しのつかない病気になってしまうこともあります。

職場の雰囲気を自分で改善する方法もありますが、多大な労力と時間がかかってしまいます。

今の職場より風通しが良く、時間と給与の面でも高待遇が受けられる会社などを、転職エージェントを使って探してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

《関連記事》

関連記事

こんにちは、でぃおです 「このまま、この社長の下で働き続けて大丈夫かな?」 「この会社大丈夫か?」 「社員と話をしても社長への不満の話題しかない」 など感じている方に、ダメ社長の行動10選を紹介して 対策方法も解説していきます […]

関連記事

2年前に6年勤めた企業を退職しましたこの記事では、「退職金とは」「退職金の相場」を私の退職金を公開しながら解説していきます そもそも退職金ってなに? 退職金は、勤めていた企業を退職する際に支払われる賃金のことです退職金は定年退職の際[…]

関連記事

会社を退職したいけど、退職理由は何がいいのか…退職のときに会社や上司とモメたくない…… このように悩んでいる人のための記事です。 結論から言うと確実に退職できる理由は、 ○病気による療養○結婚・出産○家庭の事情[…]

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!