振替休日と代休は違う?休日手当について解説します

 

日曜日に出勤したけど振替休日になってた……
あれ?代休と振替休日って何が違うんだっけ?

このような人のための記事です。

休日に出勤した際に、「振替休日」や「代休」を取得する場合があります。

この記事では、「振替休日」と「代休」の違いについて紹介していきます。

結論から言うと、

「振替休日」と「代休」の違いは、休日の出勤が「前日までに決まった」か「当日」決まったかどうかです

○振替休日=休日出勤の割増賃金は発生しません。
しかし同一週以外に振り替えた場合は、時間外の割増賃金が支払われます。

 

○代休=休日出勤分の割増賃金が発生します。

急な仕事で法定休日に出勤した際に、「代休ではなく振替休日を取得しろ」と言われて、割増賃金が受け取れない場合があります。

ごまかして割増賃金を支払わないのは、労働基準法に違反します。

休日出勤分の割増賃金を支払ってもらうように、上司に掛け合ってみましょう。

もし掛け合ってみて全く対応してもらえなかったり、「そんな事できない!いいから振替休日を取得しろ!」とパワハラを受けるようであれば、その会社から逃げ出すことを考えましょう。

休日労働は違法?

そもそも休日労働って、違法じゃないの?

会社が社員に休日出勤させるには、「時間外・休日労働に関する協定届」といわれる36(サブロク)協定を提出する必要があります。

会社がその届出をしていれば、休日労働は違法にはなりません。

振替休日とは

前日の勤務終了までに休日出勤が決まった場合のみに「振替休日」を取得することができます

前日の勤務終了後に翌日の「休日出勤」が決定した場合は、振替休日は取得できません。

また振替休日を取得できても、「1週間のうちに休みが1日もない」という状況は、労働基準法に違反しているので違法となりま

※振替休日の場合は基本的に割増賃金が発生することはありません。

代休とは

「代休」は急に休日出勤をした際に、その日以降の労働日を変わりに休むことです。

割増賃金の有無については、休日出勤が「法定休日」か「法定外休日」かによって変わります。

  • 法定休日=労働基準法に定められた最低限の休日で、週に1日を「法定休日」として設けること。
  • 法定外休日=法定休日以外の休日

※法定休日は、会社ごとに違いますが土日休みの会社は、日曜日が「法定休日」、土曜日は「法定外休日」と設定していることが多いです。

割増賃金は「法定休日」に出勤するときには発生しますが、「法定外休日」に出勤した場合は、割増賃金は発生しません

しかし、「法定外休日」に出勤したことで1周間の労働時間が40時間を越えた場合は、時間外労働の割増賃金を受け取ることができます。

休日出勤分の割増賃金が支払われていれば、代休を取得できなかったとしても違法にはなりません

振替休日と代休の割増賃金について

基本的には「振替休日」には割増賃金は発生しませんが、一定の条件を超えた場合には割増賃金が発生することがあります

ここからは「振替休日」と「代休」の割増賃金について解説していきます。

振替休日の場合

振替休日は同じ週に振り返れば、労働基準法で定められている「週40時間以内の労働時間」に該当するため、割増賃金は発生しません。

しかし、ほかの週に休日を振り替えて「週40時間以内の労働時間」を超えた場合は超過分の時間外労働は25%割増された賃金が発生します

 

代休の場合

代休は「法定休日」と「法定外休日」に出勤した場合では、割増賃金の割合が変わってきます。

  • 法定休日=35%
  • 法定外休日=25%(週40時間を越えた場合のみ)
会社で日曜日が「法定休日」の場合は、休日労働として35%の割増賃金が支払われます。

 

土曜日に急遽出勤して週の労働時間が40時間を越えた場合は、超過した分の時間外労働が25%の割増賃金として支払われます。

代休の出勤が「法定休日」の場合に残業しても時間外労働の割増賃金は支払われません。

しかし休日出勤分の割増賃金は支払われます

それでは「法定休日」、「法定外休日」に働いた場合の1日の賃金をそれぞれ見ていきましょう。

  法定休日 法定外休日
時給 1,000円
勤務時間 8:00〜19:00(休憩1時間)
割増率 25% 35%
1日の給料 12,500円 13,500円

法定外休日に出勤した場合にも、週40時間の労働時間を超えた場合は25%の割増賃金が支払われます。

振替休日や代休を取った場合に、深夜労働をすると

法定休日に働いた場合は「休日労働」の割増賃金のみが支払われて、「時間外労働」の割増賃金は支払われないと解説しました。

しかし法定休日であっても、「深夜労働」が発生した場合は割増賃金が支払われます

休日労働で深夜残業をした場合は、休日労働35%+深夜労働25%で基本給に60%の割増賃金が支払われます

「休日出勤」と「深夜労働」が重なった場合の、1日の給与を見てみましょう。

※深夜労働時間は22時〜5時までの労働時間

【8:00〜24:00まで休日労働した場合】

○8:00〜22:00(休日労働)
1,000円×13時間×1.35=17,550円

○22:00〜24:00
1,000円×2時間×1.6=3,200円

【1日の給与】
17,550円+3,200円=19,750円

※法定外休日に深夜労働した場合は、週に40時間を越えた時間外労働分と深夜労働分のどちらも割増賃金は支払われます。

振替休日と代休には取得期限はない?

振替休日と代休使いたいけど仕事が忙しくて休めない……
代休だったのに、勝手に振替休日になってた…

このように悩んでいる人も少なくありません。

いつまでに振休や代休をとればいいのか気になりますよね。

「振替休日」と「代休」については、明確に取得期限はありません

しかし振替休日の取得を先延ばしにすることは避けるようにしてください。

どうしても業務が忙しくて休みを取ることができない場合は、上司に相談しましょう。

代休についても取得しなくても違法にはなりませんが、きちんと休日出勤の割増賃金が支払われているかはしっかり確認してください

もし振休と代休の相談をしても全く相手にしてもらえない場合は、思い切って逃げ出す(転職)ことも考えましょう。

全く相手にしてもらえずに振休や代休をとれないと、ストレスも蓄積して心身ともに疲弊してしまいます。

代休が上司の指示で振替休日に変更された

事前に休日出勤が指示されずに、出勤をしている限り上司の指示であっても「振替休日」ではなく「代休」です

代休であることをごまかして割増賃金を支払わないことは、労働基準法に違反しているので違法です。

休日出勤分の割増賃金を支払ってもらうよう、上司に相談しましょう。

相談した上で、全く相手にされず割増賃金が支払われない場合やそれが原因で「パワハラ」を受けるような職場からは、早く逃げ出してください

※「逃げたほうがいい」と思ったときは、優秀な転職エージェントに相談してみましょう。

具体的におすすめの転職エージェント2つ

転職エージェントに相談することで、あなた自身の自覚していない点(年齢、学歴、職歴、資格等)が評価されて、意外と簡単に転職が先が決まるケースがあります。

休日出勤をしてその後に全く休みが取れない状況や、割増賃金をごまかされている場合はすぐに転職活動を始めてください。

転職エージェントへの相談は無料でできるので、まずは気軽に相談してみましょう。

まとめ

今回の記事では、「振替休日と代休の違い」や「割増賃金の計算方法」を紹介しました。

「振替休日」と「代休」の違いは、休日出勤が前日の勤務終了までに決まっているかどうかです。

「振替休日」は事前に休日と労働日を入れ替えることが必要で、「代休」は休日出勤した後に休みを決めます

休日出勤した場合は、必ず割増賃金が支払われているか給料明細で確認しましょう。

ごまかして割増賃金が支払われないのは違法です

「振替休日」と「代休」の違いをしっかり把握して、会社から搾取されないようにしましょう。

※「逃げたほうがいい」と思ったときは、優秀な転職エージェントに相談してみましょう。

具体的におすすめの転職エージェント2つ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

《関連記事》

関連記事

でぃお 「搾取」という言葉は、お金の勉強をする中で必ず抑えれおきたい言葉の一つです。この記事では「搾取とは?」「搾取への対策」を解説していきます。 「搾取」とは? 「搾取」は一般的に読んで字の通り「搾り取る」ことで[…]

関連記事

最近、転職したいけど本当に辞めていいのかな? 今の仕事が、向いてるか不安で辞めたほうがいいか悩む……   このように悩んでいる人のための記事です。 結論から言うと確認するポイント[…]

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!