【保存版】会社を1週間休むための理由!【事前の準備が大切】

あ〜1週間くらい休みたい…
でも許可が降りるか不安で言えない…

このように悩んでいる人のための記事です。

2〜3日の休みなら言いやすいかもしれませんが、1週間のお休みは言いづらいですよね。

無断で休んでしまうと最悪の場合クビになってしまうため、1週間休むためには事前の連絡と準備をしておく必要があります。

結論から言うと、1週間休むための理由は3つです。

○体調不調
○プライベート
○有給休暇を使う
上記の休む理由を使う際には注意点があるので、あわせて解説していきます。

1週間休んだところでクビにはならない

仕事が忙しすぎたり、休みがなかなか取れないとストレスと疲労が溜まってしまいますよね。

安心してください!しっかりとした理由があれば会社を1週間休んだところでクビにはなりません。

しかし、休むときはきちんと理由を伝えて、会社には迷惑をかけないように休むようにしましょう。

体調不良で一週間休む

体調不良を理由に休む場合は、本人しかわからないので会社や上司は否定しづらいのでおすすめです。

しかし、体調不良の理由が「風邪」や会社によっては診断書の提出が必要な「インフルエンザ」などは、おすすめできません。

○原因不明の偏頭痛
○腹痛や嘔吐
腹痛や嘔吐の理由に休む場合は、ウイルス性の病気の可能性もあるので、会社がブラック企業でなければ会社も簡単には出社させられません。

もしそれでも出社を求めてくる会社は、ブラック企業の可能性が高いので、転職も検討したほうがいいかもしれません。

体調不良で休む場合の注意点

休んでいる間に、代わりに対応してくれた同僚や上司がいるはずです。

休み明けにはまず、同僚や上司に感謝と謝罪の言葉を必ず言いましょう。

その際には、謝罪より先に感謝の言葉から伝えると相手は気持ちがよくなります。

その他にも、ズル休みと思われないために日頃から勤務態度には気を付けるようにしましょう。

プライベートで一週間休む

家族のことなどのプライベートで休む場合は、普通の会社であれば承諾してくれます。

○親の病気
○祖父母の介護
などの家事を一時的にするために、帰らなければいけないと伝えれば大丈夫です。

家族の理由で休ませてもらえない会社であれば、かなりヤバい会社かもしれません。

プライベートで休む場合の注意点

プライベートで休む場合は、

○事前に仕事のめどをつけておく
○あらかじめ日程をは伝えておく
○有給休暇を申請する
○菓子折りはなるべく買っていく
など事前にやっておくべきことがありますが、なるべく1ヶ月前には連絡しておくようにしましょう。

有給休暇を使う

有給休暇を使えば、休む理由は伝える必要はありません。

しかし中には、休む理由を聞いてくる上司がいますが、適当に「用事がある」や「旅行に行く」などと言えば大丈夫です。

もし今の会社が休みが取れない職場環境なら、すぐに転職を検討してください。

一週間休むときの注意点

すぐにバレる嘘はつかない

○かかっていないインフルエンザ
○嘘の家族の訃報
これらの嘘は、休みは取れたとしてもその後に嘘がバレて信用を失って仕事がやりづらくなってしまいます。

すでに会社を辞めることが決まっていたり、信用を失ってもリスクが少ない場合以外は上記のような嘘はつかないようにしましょう。

休む前に引き継ぎをする

抱えている仕事がある場合は、簡単でもいいので引継書を事前に作成して、同僚や上司に共有しておきましょう。

休むことは問題ありませんが、休むことで会社に損失を与える場合は会社や同僚に迷惑をかけにように気をつけましょう。

連絡は取れるようにしておく

休んでいるときに緊急性の高い問題が起きた場合、連絡が取れないと同僚や上司に迷惑を書けるため、休む前には連絡先を伝えておくことで、同僚や上司も安心します。

もし緊急時に連絡が取れないと、あなた自身の評価が下がる可能性が高くなってしまします。

まとめ:会社に行きたくないなら環境を変えよう

会社を一週間休みたいのは、

○肉体的、精神的にツラい
○人間関係が悪い
などの会社に行きたくないと思っているからです。

会社に不満やストレスを感じている状況で仕事を続けると、仕事内容が良くてもうつ病などのリスクが高くなって、仕事に復帰できなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

一週間休んでも、会社に行く苦痛から開放されない場合は早めに転職活動を始めましょう。

おすすめの転職活動

いきなりの転職には抵抗を感じる方もいると思います。

すぐに転職をするのではなく、在籍中に転職活動を始めてみましょう

転職活動には転職エージェントのサポートが重要になってきます。

転職エージェントに相談することで、あなた自身の自覚していない点(年齢、学歴、職歴、資格等)が評価され、自分の転職市場価値を確認することができます。

具体的には、転職エージェントに相談してみることがおすすめです。

サポートは全て無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

転職にはリスクがありますが、転職活動はノーリスクです

また退職の際に会社から引き留めにあったり、普段からパワハラなどで上司に退職の意思を伝えるのが怖い場合は、退職代行サービス『退職代行SARABA』の利用することがおすすめです。

自分で辞める意思を伝えるのが理想ですが、最終手段として退職代行サービスの利用することも検討しましょう。

一度きりの人生なので、自分が幸せになれる選択をしてください。

最後までご覧いただきありがとうおざいました。

《関連記事》

関連記事

2021/6/14更新 退職代行サービスを利用したいけど…本当に辞めれるの?実際に利用いた人の話を聞きたい… 今回の記事では、私でぃおが実際に『退職代行SARABA』を利用して会社を辞めた体験談をご紹介していきます。 結[…]

関連記事

あ〜特に理由はないけど、今日は仕事行きたくないな…… こんな人のための記事です。 社会人なら誰でも一度は会社をズル休みしたくなることはあるでしょう。 この記事では、どうしても会社を休みたい時の理由をご紹介します。 結論か[…]

 

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!