【コミュ力が低めの方必見】職場の人間関係を良くする最善の方法!【保存版】

あまり人と話すことが苦手なんだけど、人間関係は良くしていたい……
コミュ力低い私はどうしたら……

こんな人のための記事です。

社会人であれば、職場の人間関係に悩んでいる人は、少なくありません。

「仕事を辞めたい」理由ランキングでも、「人間関係が悪い」が第2位にランクインしているほど、多くの人が人間関係には悩んでいます。(参考:マイナビ転職「仕事を辞めたい7つの理由とリアル対処法」)

しかしコミュ力は低いけど人間関係は上手くいっている人も沢山います。

今回解説する方法は、

  • 笑顔で挨拶をする
  • 相手の目を見て話す
  • 雑談を多めにとってコミニュケーションをとる

などコミュ力を向上させる方法ではありません。

今回の記事では、コミュ力が低いのに、人間関係が上手くいっている人がやっている方法について解説していきます。

結論からいうと、

仕事に全力でがんばって、効率よくかつ結果を残す

です。コミュ力が低い人は、自分のコミニュケーション能力の向上に時間を掛けるより、仕事の能力を上げて効率よくかつ結果を残すことの方が職場の人間関係を良くする近道です。

しかしこの方法には欠点もあります。

それは、

○初対面の人との人間関係
○アットホームな「仲良しグループ」の職場での人間関係

です。初対面の人とは、ゆっくり時間を掛けていけば人間関係は良くなります。

しかし仕事が優先されない職場からは、割り切って逃げ出して転職することです。

もしコミュ力が低いと自覚している方は、今回の記事を読んで実際に活用していただければ嬉しいです。

前提として職場は仕事をする場所

大前提として職場は、仲良しを見つける場所でも楽しく雑談する場所ではありません。

もちろん、職場での人間関係は良好な方が、ストレスもなく仕事もやりやすいでしょう。

しかし職場は仕事をする場所です。

今のあなたの職場が、仕事を優先することがデキない職場なら、あなたが努力してもあまりメリットが得られません。

職場の人間関係を良くする1番の方法

仕事がデキれば人間関係は良くなる

職場の人間関係を良くする1番の方法は、仕事がデキる人材になることです。

例えコミニュケーション力が低い人でも。

彼はコミュ力は高くないけど、仕事はデキるよね

とコミュ力が高くなくても、仕事がデキれば大目に見てもらえます。

コミュ力が高い人でも、

彼はコミュ力高くていい人だけど…仕事がデキなくて困ってるんだよね……

と、コミュ力が高くても仕事がデキない人は、なかなか周りから認めてもらえず敬遠されてしまいます。

結果、仕事がデキればコミュ力が低くても、人間関係は良くなりやすいのです。

「仕事に集中して人間関係を良くする」方法の欠点

仕事に集中してデキる人材になれば、本当に人間関係がよくなるの?

「コミュ力が低いけど、仕事がデキる」という人でも人間関係が良くならない場合があります。

ここからは、仕事がデキても人間関係が良くならないパターンと対策を解説していきます。

 

初対面の人とは、時間がかかる

長く同じ職場で仕事をしている人には、仕事がデキることが分かっているので良いのですが、初対面の人には「仕事がデキる人」より「コミュ力が低い人」という印象の方が目立ってしまいます

こちらの対策としては、諦めることです。

コミュ力が低い人の場合は、初対面の人といきなり人間関係を良くするのは難しく、時間を掛けて仕事がデキることを分かってもらうしかありません。

最初は、「暗い人だな」や「生意気だな」と思われるかもしれませんが、そこは割り切ってしまいましょう。

「アットホームな仲良しグループ」の職場では何もデキない

コミュ力の低い人が、どれだけ仕事をがんばっても人間関係が良くならない職場があります。

それは「アットホームな仲良しグループ」の職場です。

仕事の効率より「居心地のいい仲良しの職場」にすることを優先している職場では、どんなに仕事がデキてもコミニュケーションがとれないと人間関係が良くなることは難しいです。

対策としては、転職活動することです。

いきなり転職はハードルが高すぎな気が……

安心してください、「すぐに仕事を辞めて転職しなさい」というわけではなく、まずは転職活動を始めてください。

コミュ力が低い人が、こういう職場で仕事を続けても

  • ストレスが蓄積してしまう
  • 仕事がデキてもコミュ力が高い人が重宝されてしまう

と、どんなに努力しても報われない可能性が高いです。

転職活動の際には、転職エージェントに相談することを強くおすすめします。

転職エージェントに相談することで、自分の転職市場価値を知ることができます。

さらに、自分の自覚していない点(年齢、学歴、職歴、資格等)が評価されて、意外と簡単に転職先が決まるケースもあります。

これらの転職エージェントは、無料で親身になって相談に乗ってくれるのでおすすめです。

仕事がデキるようになっても、人間関係が良くなる見込みがない場合は、早めに転職活動を始めましょう。

まずは転職エージェントに相談してみましょう。

※エージェントに相談したからといって、「必ず転職をしなければいけない」ということはないので安心してください。

まとめ

結論、コミュ力の低い人が人間関係を良くする方法は

仕事に全力でがんばって、効率よくかつ結果を残すこと

です。

しかし欠点もあります。

○初対面の人との人間関係
○アットホームな「仲良しグループ」の職場での人間関係

初対面の人とは、ゆっくり時間を掛けていけば人間関係は良くなります。

しかし仕事が優先されない職場からは、割り切って逃げ出して転職しましょう。

※「逃げたほうがいい」と思ったときは、優秀な転職エージェントに相談してみましょう。

コミュ力の低い人は、コミュ力の向上に時間を掛けるより、仕事に集中してデキる人材になる方に時間を掛けましょう。

結果的にそちらの方が、人間関係を良くする上で近道になります。

職場の人間関係は、仕事をする上で重要なことなので、仕事に集中してストレスなく働きましょう

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
《関連記事》

関連記事

毎日残業ばかりで帰るのが遅い……定時になっても誰も帰ろうとしないから帰りにくい… 私の職場は、残業が常態化していて…辛い… こんな悩みを解決します。 令和になった現在でも、残業が常態化している会社は数多くあります。 結論[…]

関連記事

うちの会社は、辞める人多いんだけど、仕事ができるいい人から辞めていっている気がする…… このように感じている人のための記事です 会社に勤めていて 最近入社したばかりなのに、また辞めたぞ 仕事ができる人から辞め[…]

関連記事

最近、転職したいけど本当に辞めていいのかな?   今の仕事が、向いてるか不安で辞めたほうがいいか悩む……   このように考えている人のための記事です。 […]

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!