【今日は早く帰りたい】定時で帰るための理由と注意点

あ〜今日は疲れたから早く帰りたい…
今日は友達と遊びの予定があるから定時で帰りたい…

このよう今日定時で帰りたい人のための記事です。

社会人のほとんどの方は会社を定時で帰りたいと思ったことはあるでしょう。

しかし「今日は定時で帰ります」という一言を、すんなり言えるかどうかは職場の雰囲気によって違います。

中には、どうしても言えずに毎日残業してしまう人も少なくありません。

この記事では、「今日はどうしても早く帰りたい」ときの最適な理由をご紹介します。

結論からいうと、下記の理由で当日定時で帰ることができます。

○家庭の都合
○体調不良
○公的な手続き
本来であれば定時で帰るための言い訳は必要なく「お疲れさまでした。お先に失礼します。」と言って帰るのが理想です。

しかし「どんな理由があっても定時で帰ることができない」という状況にある場合は、職場環境に問題があるかもしれません。

そういった場合には、部署異動の申請をするか転職を検討してみましょう。

嫌な顔をされずに早く帰るのは難しい?

職場全体があまり残業をしない雰囲気であれば、定時で帰っても何ら問題はありません。

しかしそうでない職場では、素直に「今日は友達と会う約束があるので、定時で帰ります」と仕事を定時で堂々と帰ることは難しく、頼みたい仕事があると言わせた場合などは、仕事を取るか約束を取るか判断しないといけません。

皆が残業している中で、嫌な顔をされずに早く帰ることは不可能と考えて、一時の気まずさは我慢する必要があります。

関連記事:残業が常態化している職場で12ヶ月間定時で帰った結果【定時で帰ってみた】

当日定時で帰るための理由

家族の都合

家族との食事や子供の誕生日、子供の送り迎えや看病など家庭の都合であれば、周りから拒否もされずらくおすすめの理由です。

しかし「母親が倒れた」や「祖母の危篤」などの嘘の理由を使うことは、長期間嘘をつき続ける必要があるので避けたほうがいいでしょう。

体調不良

体調不良を理由にして定時で帰ることもできます。

○体調がよくないので、終業後に病院に行きます
○頭痛がひどく今日は早めに帰ります
といった理由が使えます。

定時まで仕事をした上で病院に行くことには上司も文句は言えません、早く体調を治してもらうほうがいいと思ってくれるでしょう。

公的な手続き

公的な手続きを理由に帰る場合は、役所の時間内である必要がありますが、「必要書類の作成をする」などと伝えれば定時で帰る理由としては充分です

もし上司に「どんな手続き?」と聞かれても「家庭の都合で…」と曖昧に返事をしておけば、深堀りされることはないでしょう。

定時で帰ることができない職場環境なら

本来であえれば仕事は定時で終わって帰るべきなのですが、「どうやっても定時で帰れない」状況が毎日続く場合は、職場環境に問題があるかもしれません。

部署異動の申請をする

例え用事があっても定時で帰れないのは、上司の圧力であったり部署特有の風潮が原因の場合もあります。

そのような場合には、部署異動の申請をしてみましょう。

人事部の担当者と面談することで、職場の現状を伝えることができる上に状況次第では異動の申請が承諾されることもあります

転職を検討してみる

部署異動ができない場合には、転職を検討してみることがおすすめです。

もし今の職場が、毎日残業で定時で帰れなかったり、定時で帰る理由があっても帰らせてもらえないような職場の場合はそこで働き続けることはおすすめできません。

そのような職場では、あなたがどんなに頑張って仕事の効率を上げても、次から次に仕事が増えて定時で帰ることもできずにストレスが蓄積していきます

最終的にうつ病などの病気になる可能性も高くなり仕事に行けなくなってしまうこともあります。

そうなってしまう前に早めに転職活動を始めましょう。

転職活動をする際には、転職エージェントのサポートはかなり重要になってきます。 

具体的におすすめの転職エージェントは3つ

○求人の紹介
○適正に関する悩み相談
○面接や履歴書の添削のサポート
○企業とのやり取りを代行
○内定後もサポート
など様々な面で力になってくれます。

自分に合う転職エージェントの方を使うと、転職活動の効率が上がります

まとめ

「今日はどうしても早く帰りたい」ときの最適な理由をご紹介しました。

下記の理由で当日定時で帰ることができます。

○家庭の都合
○体調不良
○公的な手続き
本来であれば定時で帰るための言い訳は必要なく「お疲れさまでした。お先に失礼します。」と言って帰るのが理想です。

しかしどうしても定時で帰ることができない状況にある場合は、職場環境に問題があるかもしれません。

そういった場合には、部署異動の申請をするか転職を検討してみましょう。

※転職活動を行うなら、完全無料で利用できる以下のエージェントを使うと、転職のプロの目線からアドバイスや相談にものってもらえるのでおすすめです。

マイナビエージェントに相談

※自分の職歴に自信のある人は、ハイクラス案件に強いこちらのエージェントもおすすめです。

JACリクルートメントに相談

《関連記事》

関連記事

プライベートの時間を確保したいから、残業をやめたい…残業をやめるデメリットってあるの? このように悩んでいる人のために、長時間労働をやめた私が今になって思う、メリットとデメリットをお伝えしたいと思います。 結論から言うと[…]

関連記事

う〜ん、定時を過ぎて働いても残業扱いにならないし、休日出勤しても残業代が出ないなんて……     毎日30分以上残業してるのに、1日8時間しか働いていないことになってる…なんで残業代がでないん[…]

関連記事

定時で帰ることがほとんどない…ツラいどうやったら定時で帰れるようになるの? このように悩みにお答えしていきます。 ほとんど残業もなく定時で帰れるっていいですよね。 定時で帰ることができれば、仕事の後に家族と一緒[…]

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!