【リボ地獄!?】リボ払いのメリット&デメリットをわかりやすく解説

最近よく耳にするリボ払いに今申し込みなら〇〇円キャッシュバック

後からリボなど「リボ払い」について解説していきす

でぃお
結論からいうと、リボ払いは使わないほうが良い!!その理由を解説していきます

リボ払いって何!?

リボ払いは「リボルビング払い」の略です

カードの支払いの中に「分割払い」と「リボ払い」があります

違いは「分割払い」は2回や3回などに分けて支払いを行うのにたいして

「リボ払い」は指定した金額を毎月払いをしていくものです

リボ払いの月々の支払額は、金額が指定できるカード会社と指定できないカード会社があります

リボ払いのメリット

「リボ払い」のメリットは「毎月の支払いが一定金額にできる」ことで、支払い金額の管理がしやすいのが魅力です

そんな中でも最大のメリットは、手元にお金がなくても「高価な商品などやサービスを購入出来る」ことです

リボ払いのデメリット

「リボ払い」のデメリットはやはり「高額な手数料(金利)」です

毎月の支払い金額を指定できるカード会社の場合は

毎月の支払金額が低く設定してしまうことが多く

返済が長期化すると雪だるま式に手数料(金利)が増えて

手数料がどんどん高くなってきます

手数料(金利)についてはカード会社によって差がありますが

15%くらいが多いです

手数料(金利)支払い例

15%の手数料(金利)で10万円使って毎月1万円ずつ支払いした場合

1ヶ月手数料(金利)は1,250円 元本8,750円

これを見ると「この手数料(金利)ならたいしたことないな」と思う方も多いかと思います!

50万円を1万円ずつ支払いした場合

1ヶ月の手数料(金利)は6,250円 元本3,750円

この金額になると、半分以上が手数料(金利)で取られているのがわかります

金額が少額のうちは大丈夫かもしれませんが、50万円…100万円…200万円となっていくと手数料(金利 )だけで2〜3万円になることもあります

リボ地獄事例

でぃお
ここからは、「リボ地獄」の実例をご紹介します
  • 携帯料金をリボ払いで月々2万円での支払いをしていたら2年で80万円になっていた
  • クレジットカードを作った時の初期設定で、リボ払いになっていて月々3万円の支払いを続けていたら3年後200万円になっていた
  • 140万円を月々1万3千円の支払いをしていたら、支払い元金が16円だった

など「リボ払い」をしたことで、支払額が多額になってしまう方は非常に多いようです

カードを申し込んだ時点で、「リボ払い」設定になっていて気が付いたときには支払額が増え続け大変なことになってしまうこともあります

「リボ地獄」からの脱出方法

これから「リボ払い」を利用しようとしている方は、十分に注意して頂きたいのですが既に「リボ地獄」に陥ってしまった方が、どうしたらいいかご紹介します

一括返済に変更する

支払い金額が、なんとか括で返済できるようであれば

多少無理をしても返済をしてしまった方がいいです

リボ払いは途中からでも一括返済に変更できるので

一括返済ができる場合はこの方法が一番損をしない方法です

月々の返済金額を増やす

一括返済が難しい方は、月々の返済額を増加させましょう

元金を早めに減らすことができれば、その分利息は発生しないのため少し返済額を増やすことで、返済金額が大きく違ってきます

債務整理

「リボ地獄」からの最終手段は債務整理です

債務整理にはいくつか種類がありますが、まずは任意整理がおすすめです

任意整理は、裁判所を通さず債権者と直接交渉で、支払額や手数料(金利)の減額するという方法です

返済がどうしても難しい場合は、弁護士や司法書士などのプロに相談しましょう

まとめ

クレジットカード会社は、リボ払いをCMなどで

「ポイントがついてお得!」や「月々の返済額を気にしなくていい」

などといってリボ払いをおすすめしてきます

なぜこんなにおすすめしてるかと言うと

これまでご紹介してきたので分かるかと思いますが

皆さんがリボ払いを利用することで儲かるからです

リボ払いへの変更は、審査もなしで簡単にすぐに始めることができます

何もしらないまま利用してしまうと

「リボ地獄」に陥ってしまうことが多いので

仕組みを理解してクレジットカードを使うようにしましょう

今回の話が少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!