職場にいるめんどくさい人の特徴と対処法【近寄らないが吉】

職場にめんどくさい人がいて……
仕事にも影響出てるし……辛い……

このように悩んでいる人のための記事です。

仕事に行くのが辛い理由が、『めんどくさい人がいるから』なんてイヤですよね。

今回は、「めんどくさい人」の特徴と話す時の注意点、対処法について解説していきます。

○愚痴や文句が多い
○図々しい
○我が強い
○上司受けが良い
○一緒に愚痴や文句を言わない
○無視をしない
○忙しいオーラを出す
○基本的に近づかない
○仕事に影響するなら逃げ出す
どんなに仕事が好きでも、人間関係が良くないとストレスが蓄積して心身ともに疲弊してしまいます。
「めんどくさい人」が原因で仕事に行くのが辛い場合は、「逃げ出す(転職)」ことを考えてください。
※「逃げたほうがいい」と思ったときは、優秀な転職エージェントに相談してみましょう。

今回の記事を読んで、「めんどくさい人」と仕事をするストレスから解放されますので、ぜひ最後までご覧ください。

めんどくさい人の特徴

職場のめんどくさい人がいると、気を使うイライラで、仕事をしている時間がずっと苦痛で辛いですよね。

そんなめんどくさい人の特徴から解説していきます。

愚痴や文句が多い

めんどくさい人は、愚痴や文句ばかり言っています。

何か自分が納得いかないことがあると、ネチネチ愚痴や文句を周りの人に話して、共感してもらおうとします。

愚痴や文句を聞くだけでも辛いのに、共感せずに否定的なことを少しでも言ってしまうと、自分が標的になってしまうこともあります。

毎日めんどくさい人に、気を使いながらの仕事は本当に心身ともに辛いですよね。

図々しい

めんどくさい人は相手の都合は全く考えずに、一方的に自分の要求を当たり前のようにしてきます。

持ちつ持たれつという考えはハナから持ってなく、「助けてもらって当たり前」と自分の都合を他人を使ってこなそうと考えます。

そのために要求を断ったり、こちらが何か要求するとあからさまに不機嫌になったりします。

なかには、手伝ってもらったとしても、感謝したり「ありがとう」と言うこともデキない人もいます。

我が強い

めんどくさい人は、「感情を表に出す」「感情的になりやすい」という我が強い人によく見られる特徴があります。

自分の考えが正しいと信じているので、周囲から認めてもらうことを望んで、とにかく自分の意見を話したがります。

しかし実は、内心では人から拒絶されることを恐れている弱い部分があります。

自分のメンタルの弱さを気付かれないように、自分の意見を押し通して「強い人間」を演じている可能性が高いです。

上司の受けが良い

こんなにめんどくさい人なのに、なんで上司からの評価が良くて好かれてるんだろう?

めんどくさい人に限って、上司の受けが良く信頼されている人も多くいまよね。

実はめんどくさい人は、「仕事がデキるふり」が上手く、周りの同僚などにお願いするふりをして結局全部やらせた上で、上司には自分がやりましたという顔をして何かミスが発生すると部下のせいにして、自分がいい上司であるように振る舞います。

仕事のスキルは高くないのに、このような賢さは持っていることが多いです。

めんどくさい人と話す時の注意点

めんどくさい人と話をする時には、特に注意が必要で最悪の場合、職場で孤立してしまう危険があります

ここからは、めんどくさい人と話す時の注意点を解説していきます。

一緒に愚痴や文句を言わない

めんどくさい人にわせたほうが良いと思って、愚痴や誰かの文句を一緒に言っていますと、言われた相手に知られて自分自身が悪者になってしまうこともあります。

間違っても、愚痴や文句を一緒に同調したりしないようにしましょう

無視をしない

大きく勘違いをしてしまうことが多いめんどくさい人は、「無視」や「避ける」などの行動をしてしまうと最悪の場合は、自分が愚痴や文句を言われる対象になってしまう可能性があります

あからさまに態度を変えてしまうのは、非常に危険なので特に注意が必要です。

めんどくさい人の対処法

めんどくさい人の対処法は、結論から言うと我慢か逃げるしかありません。

忙しいオーラを出す

「話しかけないでください」とバタバタして忙しいオーラを出すことで、会話を減らしてめんどくさい人との関わりを減らすことができます。

めんどくさい人の中には、それでもグイグイ話しかけてくる空気の読めない人もいます。

そんな時には、ハッキリと「今は忙しいので、ごめんなさい」と言いましょう。

基本的には近づかない

近づきすぎず遠すぎない距離を保ちながら、できる限り巻き込まれないようにしましょう。

話を振られたら笑顔で自慢話を聞き流して、できる限り自然な感じで距離感を保つように意識してください。

仕事に影響するなら逃げ出す

めんどくさい人への対処法をいろいろ試したけど……
毎日一緒に仕事をしていくのは辛い…
どうしよう…

めんどくさい人は変えようとしても、逆効果で最悪の場合自分が標的になってしまうことがります。

めんどくさい人から標的にされたら、しつこく嫌がらせを受けてストレスがどんどん蓄積していきます。

そんな職場で仕事を続けても、モチベーションも上がらず成長もできない上にストレスで心身ともに疲弊していきます

そんな職場からはすぐに逃げ出す準備として転職活動をしましょう。

転職活動の際におすすめなのが転職エージェントに相談することです。

※優秀な転職エージェントに相談することで、自分の転職市場価値を確認して、いつでも転職することができる状況をつくることができます。

具体的におすすめの転職エージェントは3 つです。

めんどくさい人に気を使いながら、仕事をするのは本当に時間の無駄です

在籍中であれば、転職活動はノーリスクなので、まずは気軽に相談してみましょう。

まとめ

今回はめんどくさい人の特徴と話す際の注意点、対処法について解説しました。

どんなに仕事が好きでも、人間関係が良くないとストレスが蓄積して心身ともに疲弊してしまいます。

「めんどくさい人」が原因で仕事に行くのが辛い場合は、「逃げ出す(転職)」ことも検討しましょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

《関連記事》

関連記事

こんにちは、でぃおです 「このまま、この社長の下で働き続けて大丈夫かな?」 「この会社大丈夫か?」 「社員と話をしても社長への不満の話題しかない」 など感じている方に、ダメ社長の行動10選を紹介して 対策方法も解説していきます […]

関連記事

うちの会社は、辞める人多いんだけど、仕事ができるいい人から辞めていっている気がする…… このように感じている人のための記事です 会社に勤めていて 最近入社したばかりなのに、また辞めたぞ 仕事ができる人から辞め[…]

関連記事

最近、転職したいけど本当に辞めていいのかな?   今の仕事が、向いてるか不安で辞めたほうがいいか悩む……   このように考えている人のための記事です。 […]

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!