【保存版】めんどくさい人の対処法をわかりやすく解説

会社の上司が、毎日自慢話や会社の愚痴ばかりで辛い…
話をしてもすごく上から目線で、マシンガントークで長々と話をされてるし…
こういうめんどくさい人にはどうしたらいいんだろう?

こんな悩みを解決していきます。

仕事に関わらずプライベートでも、めんどくさい人はいますよね。

特に仕事の場合は、避けようがなく、とても厄介です。

この記事では

○めんどくさい人の特徴4つ
○めんどくさい人の対処法3つ

について解説していきます。

結論からいうと

めんどくさい人の特徴4つ

○自慢話が多い
○自分が正しいと思っている
○お金の話が多い
○恩着せがましい

めんどくさい人への対処法3つ

○スルー言葉を使い分ける
○適当に褒めて持ち上げる
○めんどくさい人から離れる

具体的におすすめの転職エージェントは2つです。

それでは詳しく解説していきます。

めんどくさい人の特徴

自慢話が多い

会社のあの商品は、10年目に私が企画したやつなんだよ!
君が今やってる企画は、絶対に採用されないよッハッハッハ!

という感じで……自分の過去の栄光や、自慢話を永遠と話してくると「めんどくさい人だな……」と思ってしまいますよね。

そして、さんざん自慢話をした上で、見下してくると、バカにされている感じがして「本当に関わりたくない!!」と思いますよね。

自分が正しいと思い込んでいる

あの人は、あんなこと言ってるけど、絶対私の言ってることのほうが正しいよ!
あの人は、何も分かってない!!
あなたはどう思う?私が正しいよね!?

このように、自分が正しいと思い込んでいる「めんどくさい人」も多くいます。

もし相手と意見が違えば、絶対に折れようとせずに自分の意見を熱弁してきます。

同意を求めるような「あなたもそう思うよね?」など言われた時は「なに、この人、めんどくさい人だな……」と思いますよね。

しかも、相手の意見を否定すると、めんどくさいほどに激怒されて説教を受けるはめになります。

お金の話が多い

俺の給料〜円で、貯金は〜だけど、君はどうなの給料は?

このように、自分の給料や貯金額を自慢気に話した上で、こちらの貯金額まで聞いてくる人には、「この人、めんどうな人だな……」と思いますよね。

恩着せがましい

君のためを思って言っているんだよ!!
あの案件は私が手伝ってあげたから、できたんだよ!

このように、自分がしたことをアピールしてきて、見返りの雰囲気を出してくると「めんどうな人だな……この人には頼みたくないな… 」と思いますよね。

計算高い人ほど、見返りを求めたり、自分のメリットばかりを考えているため、一緒にいるとイライラしてしまいます。

めんどくさい人の対処法

めんどくさい人が、今の会社にいるのですが……
関わることが避けれない時はどうしたらいいの?

ここからは、「めんどくさい人」への対処法をご紹介します。

スルー言葉を使い分ける

「めんどくさい人」にどうしても関わりがあるような場合は、スルー言葉を使い分けて対処しましょう。

スルー言葉には、「毒舌、冷淡系」と「丁寧、丁重系」があります。

「毒舌、冷淡系」には、

○「へー、それで?」
○「それで、なにか?」
○「大丈夫です、他になにか?」

などがありますが、上司や先輩にはこの言い方は、角が立ち相手を怒らせてしまいます

そんな時は、「丁寧、丁重系」のスルー言葉を使いましょう

「丁寧、丁重系」には、

○「そうですね、私もそう思います」
○「アドバイス、ありがとうございます」
○「なるほど、そういう考え方もあるんですね」

など、顔は笑顔で、心の中は完全スルーで大丈夫です。

相手と関わりたくない場合は、「毒舌、冷淡系」で上司や先輩など上の立場の人には、「丁寧、丁重系」のスルー言葉で、上手に使い分けてスルーしましょう。

適当に褒めて持ち上げる

スルー言葉については、分かったけど…
上手く使えなかったら凄く怒られそう……

スルー言葉を使うのが難しいと感じた場合は、「適当に褒めて持ち上げる」という作戦がおすすめです。

恩着せがましい人や自慢話が多い人は、周りの人より優越感を持ちたいと思っているので、それが満たされれば機嫌が良くなるという単純な人です。

こちらが冷静に、「さすがですね」「やっぱり〇〇さんはすごいですね」と返しておけば、相手は気持ちよくなってあなたに好感を持つかもしれません。

めんどくさい人から離れる

めんどくさい人への対処法で、一番おすすめなのは「めんどくさい人から離れる」ことです。

めんどくさい人との時間は、本当に無駄な時間です。

毎日毎日めんどくさい人と関わっていると、必ず体調を崩します。

「少し我慢すれば」「職場の人間関係だからしょうがない」と無理にその人のご機嫌取りをすると、心身ともに疲れて自分の仕事への楽しさや充実感が無くなってしまいます。

そうなる前に、在籍中から転職活動を始めましょう。

「転職」という手段を選ぶなら、転職エージェントを使うと効率的です。

具体的には

がおすすめです。転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。

転職エージェントに相談することで、あなた自身の自覚していない点(年齢、学歴、職歴、資格等)が評価されて、意外と簡単に転職ができるケースもあります

まとめ

今回はめんどくさい人の特徴と対処法を解説しました

めんどくさい人の特徴4つ

○自慢話が多い
○自分が正しいと思っている
○お金の話が多い
○恩着せがましい

めんどくさい人への対処法3つ

○スルー言葉を使い分ける
○適当に褒めて持ち上げる
○めんどくさい人から離れる

具体的におすすめの転職エージェント

少しでも参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

《関連記事》

関連記事

毎日残業ばかりで帰るのが遅い……定時になっても誰も帰ろうとしないから帰りにくい… 私の職場は、残業が常態化していて…辛い… こんな悩みを解決します。 令和になった現在でも、残業が常態化している会社は数多くあります。 結論[…]

関連記事

うちの会社は、辞める人多いんだけど、仕事ができるいい人から辞めていっている気がする…… このように感じている人のための記事です 会社に勤めていて 最近入社したばかりなのに、また辞めたぞ 仕事ができる人から辞め[…]

関連記事

最近、転職したいけど本当に辞めていいのかな?   今の仕事が、向いてるか不安で辞めたほうがいいか悩む……   このように考えている人のための記事です。 […]

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!