仕事が終わらない原因はあなたじゃない!【原因と対策】

毎日仕事が終わらなくて残業ばかりでツラい…
仕事が終わらないのに残業できない…

このように毎日大量の仕事に追われて、仕事が終わらないことに悩んでいる人のために記事です。

結論から言うと仕事が終わらない原因は、

○人手不足
○仕事量が多い
○上司の全体の仕事量を把握していない
○仕事量が偏っている
対策としては、
○上司や同僚に相談
○無理な仕事は受けない
○仕事に優先順位をつける
○仕事が終わらなくても定時で帰る
○転職を検討する
ここからは順に詳しく解説していきます。

仕事が終わらない原因

毎日仕事に追われて、残業が常態化していると、判断力が鈍ってきて仕事でもミスをすることが増えてくる上に、ストレスや疲労で心身の健康に悪影響が出てうつ病などになる可能性が上がってしまいます。

「仕事が多いことは仕方ない」と諦める前にまずは、なぜ仕事が終わらないのかについて、考えてみましょう

人手不足

○業務量に対して必要な人数を採用できていない
○デキる人からどんどん退職していく
これらの理由で人手不足になり、仕事が終わらないというケースがあります。
このケースは会社が原因のため、自分自身にできることは少なく、慢性的な人手不足の職場であれば、転職も検討してみたほうがいいでしょう
もしあなたの職場で、仕事がデキる人から辞めていっている状況であれば特に注意が必要です。
詳しくは、こちらの記事から
関連記事

うちの会社は、辞める人多いんだけど、仕事ができるいい人から辞めていっている気がする…… このように感じている人のための記事です 会社に勤めていて 最近入社したばかりなのに、また辞めたぞ 仕事ができる人から辞め[…]

仕事量が多い

単純に一人一人の仕事量が多すぎて、仕事が終わらないというパターンもあります。

職場のキャパを超えるような仕事を増加させられると、毎日残業をしても仕事が終わらないという状況になることもあります。

そのようになってしまうと、残業が常態化して、ストレスが蓄積してしまい心身の健康に置く影響を与えて、うつ病などの病気のリスクが高くなってしまいます。

上司の全体の仕事量を把握していない

例え仕事の量が適切であっても、上司が全体の仕事量を把握しておらず優先順位が付けられずに、後から急いで対応しなければいけない状況になってしまい結果的に仕事が終わらないこともあります。

上司によっては頼みやすい人にだけ、業務量を増やして一部の人は毎日忙しく、そうでない人は「仕事がないからどうしよう」という状況になっている職場も少なくありません

仕事量が偏っている

○仕事に慣れていない新人がいる
○仕事ができない人がいる
○業務中ダラダラ仕事をしている人がいる
このような職場だと自然と仕事がデキる人や、頼みやすい人に仕事量が偏ってしまうのは当然です。
新人なら、時間をかければ仕事も覚えていきますが、「仕事ができない人」や「仕事をやらない人」がいる場合は、仕事量が均等に割り振られることは難しくなります。

仕事が終わらないときの対策

徹夜をしても終わらない仕事や、毎日残業で休日出勤も当たり前なのに、仕事が終わらない人のための対処法を5つご紹介します。

○上司や同僚に相談
○無理な仕事は受けない
○仕事に優先順位をつける
○仕事が終わらなくても定時で帰る
○転職を検討する
順に解説していきます。

上位や同僚に相談する

仕事が終わらない問題は、一人だけで解決することは難しくなります。

そこで、他の誰かに仕事を振り直せないかや、納期を延長できないかを上司や同僚に相談しましょう。

相談をすることで、

○人員の補充
○仕事量の割り振りの見直し
○同僚に手伝ってもらう
などの解決策が講じられる可能性もあります。
もしあなたが相談をしても、一向に改善が見られない場合は、その会社はブラック企業の可能性が高いです。

無理な仕事を引き受けない

無理な仕事は、勇気を持って「できません」と断ることで仕事が終わらないという状況を解消できる可能性があります。

「仕事を振られて断るのは申し訳ない」と思うかもしれませんが、最終的に困るのは上司や会社なので、そういった場合は早めに相談しましょう

仕事を引き受ける際には、本当に引き受けて時間が足るのかなどもしっかり考えて、引き受けるか受けないかを判断しましょう。

仕事に優先順位をつける

優先順位を決めずに仕事をしていたら、次から次に仕事が増えてきた際に、大切な仕事や納期が近い仕事を後回しにいてしまって、なにも終わらない状況になりかねません。

対策として仕事を始める前に、「どの仕事が優先的にしないといけないのか」や「重要でないことは後に回す」などを意識して仕事をすることで、無理のないペースで仕事をすることができます。

仕事が終わらなくても定時で帰る

どんなに仕事を効率よく終わらせても、それ以上の仕事量が与えられたら、仕事は終わりません。

働き方改革で残業にも厳しくなり、会社によっては「業務時間内に終わらせろ」や「残業はしないように」などの命令が出ている場合は、仕事が終わらなくても定時に帰るのも選択肢です。

このような場合は、

まだ仕事は終わらんのか?

と上司に言われても気にすることはありません。

残業はするなと言われているので、定時で帰ります!

と言えば問題ありません。

上手くいけば、「残業しないキャラ」が定着して無理な仕事量を振り分けられなくなる可能性があります。

転職を検討する

サービス残業が当たり前の職場や、何も対策せずに「残業をするな」と命令した上で、終わらない仕事量を与えるという「時短ハラスメント」がある場合は、転職を考えましょう。

仕事量や残業の常態化に対してあなたが、どうすることもできない部分も多くあります。

改善が見込めない場合は、優秀な転職エージェントに相談して転職を考えてみましょう。

具体的におすすめの転職エージェントは3つ

転職活動をする際には、転職エージェントのサポートはかなり重要になってきます。

○求人の紹介
○適正に関する悩み相談
○面接や履歴書の添削のサポート
○企業とのやり取りを代行
○内定後もサポート
など様々な面で無料で力になってくれます.
転職にはリスクがありますが、転職活動はノーリスクです
サービスは全て無料なのでまずは、気軽に相談してみましょう。

まとめ

残業をしても終わらない業務量を抱えていたり、「時短ハラスメント」を受けている場合は、「仕方がない」と諦めずに何が原因で終わらないのか考えて行動しましょう

原因がわかって行動をすれば、早く仕事を終わらせることができる場合があります。

しかしあなた自身が行動をしても、一向に改善が見られない場合や、行動したことで会社に居づらくなるようであれば、転職を検討してください。

長時間労働や、終わらない仕事を今後何十年も続けていけば、必ず心身の健康に影響が出てしまいます。

在籍中の転職活動であれば、完全無料でノーリスクで始められます

具体的におすすめの転職エージェントは3つ

今あなたが「ツラい」「変わりたい」と思うのであれば、すぐに行動しましょう

最後までご覧いただきありがとうございました

※関連記事です

関連記事

毎日残業で全然プライベートがない…ツラい…残業をうまく断る理由があれば知りたい… このように悩んでいる人のための記事です。 毎日残業で、心身ともに疲れが溜まっていると「今日は残業したくないな…」と残業を断りたい[…]

関連記事

プライベートの時間を確保したいから、残業をやめたい…残業をやめるデメリットってあるの? このように悩んでいる人のために、長時間労働をやめた私が今になって思う、メリットとデメリットをお伝えしたいと思います。 結論から言うと[…]

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!