【2021年版】会社を確実に退職できる方法3選【円満退職の必要なし?】

会社を退職したいけど、退職理由は何がいいのか…
退職のときに会社や上司とモメたくない……

このように悩んでいる人のための記事です。

結論から言うと確実に退職できる理由は、

○病気による療養
○結婚・出産
○家庭の事情
○転職先が決まっている
円満退職をするために、退職理由はとても重要になってきます。
退職の意思を伝える時のポイントと、退職を認めてもらい場合の対処法も順に詳しく解説していきます。

確実に退職できる理由

確実に退職できる理由は、会社が関与できない個人的な事情であることが重要です。

病気による療養

確実に退職ができる理由の1つ目が「病気の療養」です。

「仕事をしながらの治療が不可能」や「病気が原因で仕事に影響が出る」などの理由であれば、上司も引き止めができません。

しかし、会社の就業規定に診断書の提出が定められてれば、医療機関の診断書を提出しなければいけません。

診断書の提出は義務ではありませんが、退職の意志を伝える前に就業規定を確認しましょう

お忙しい中、お時間をいただき、ありがとうございます。
大変申し訳無いのですが、○月から体調が優れず療養に専念したいため、○月で退職させていただきたいと考えております。
会社に貢献できるように頑張ってきましたが、このような形になってしまい、大変申し訳ございません。
病気を退職理由にした場合、仕事に支障が出ていることを伝えることで引き止められにくくなります。
しかし、会社によっては診断書の提出を要求されることもあるので、病気を理由に退職する場合は注意が必要です。

結婚・出産

確実に退職する理由として、「結婚・出産にともない家庭に入る」も退職できる可能性が高いです。

お忙しい中、お時間をいただき、ありがとうございます。
仕事を続けられないか家族とも考えましたが、大変申し訳無いのですが、家庭を優先したいという気持ちが強くあるため、○月で会社を辞める決意をいたしました。
大変自分勝手な決断になってしまい誠に申し訳ございません。
結婚・出産を理由に退職する場合は、本人の意思だけでなく、家族と相談して決意したということを伝えることで、引き止められにくくなります。

家庭の事情

家庭の事情は、退職する理由としてとても有効的です。

○配偶者の転勤
○家族の介護
○家業を継ぐ
○家族の看病
このような理由を具体的に伝えることで、会社は引き止められにくくなります。
お忙しい中、お時間をいただき、ありがとうございます。
大変申し訳無いのですが、家庭の事情により○月で退職させていただきたいと考えております。
家族とも相談したのですが、やむなく会社を辞める決意をいたしました。
大変自分勝手な決断になってしまい誠に申し訳ございません。

転職先が決まっている

確実に退職できる理由で、一番のおすすめは「転職先が決まっている」です。

転職をしてキャリアアップを目指したいと前向きな理由を伝えることで、普通の会社や上司であれば応援をしてくれます。

お忙しい中、お時間をいただき、ありがとうございます。
大変申し訳ないのですが、スキルを磨いて新たな環境で自分の力を伸ばしたいと思うようになり、○月で退職させていただきたいと考えております。
この会社では、多くの経験をさせていただき本当に感謝しています。
大変自分勝手な決断になってしまい誠に申し訳ございません。

しかし、「転職は会社への裏切り」と考えている会社や上司がいる場合は、様々な理由をつけて半強制的に引き止めようとしてきます。

そのような会社とは、円満退職をすることは不可能なので、引き止めを断る方法はこちらの記事をご覧ください。

関連記事:【例文付き】退職の引き止めを断る方法と最後の切り札

関連記事:「転職は裏切り」と言われてしまう理由と本音【円満退職は難しい】

引き止められやすい退職理由

退職理由の中には引き止められやすい理由もあります。

○給与や休暇などの待遇面での不満
○人間関係のトラブル
待遇面や人間関係のトラブルを理由に退職の意志を伝えると、どちらも改善の余地があるため引き止めにあう可能性があります。
待遇面での退職には、「給料があげれるように検討する」や「休みを増やせるように検討する」などと提案してきます。
人間関係のトラブルには、「別の部署に異動できるようにする」などが提案されて引き止めにあうでしょう。
確実に退職をしたい場合は、会社側が関与できるような退職理由は避けるようにしましょう

確実に退職できる伝え方

ここからは、できる限り円満退職できるように、退職の意志を伝えるタイミングと伝え方のポイントを解説していきます。

円満退職をするためのポイントは4つあります。

○退職の意思は、1,5〜3ヶ月前に伝える
○直属の上司に相談
○2人きりの個室で話す
○感謝の気持ちを伝える
詳しく解説していきます。

退職日の1,5〜3ヶ月前に退職の意思を伝える

退職は本来であれば、退職日の2周間前に伝えれば辞めることができます

しかし、円満退職をしたい場合は、繁忙期を避けて退職日の1,5〜3ヶ月前に伝えるようにしましょう。

業務の引き継ぎ期間や有給休暇の取得日なども考えて、会社に迷惑のかからないように退職日を決めましょう。

会社によっては、就業規定に退職を申し出るタイミングについて定めている場合があるので、事前に確認をしておきましょう。

直属の上司に伝える

退職の意思を伝えるのには勇気がいるという方も少なくありませんが、仲のいい先輩や同僚に先に話すのは必ず避けてください

もし辞める意思が本人から聞くより先に、直属の上司の耳に入れば、自分が信頼されていないと感じてしまいます。

最悪の場合は、退職まで嫌がらせを受けてしまう可能性もあります。

また直接社長や役員に伝えた場合も、直属の上司が咎められる可能性があるので注意が必要です。

2人きりの個室で話す

退職の意思は、必ず個室で伝えましょう。

退職の意思を伝える場合は、他の人に聞かれないように上司のデスクや周りに人がいる状況ではなく、会議室など2人きりになれる個室で伝えましょう。

上司を呼び出すときは、「今後のことについてお話があるので、お時間よろしいでしょうか」と声がけをしましょう。

感謝の気持ちを伝える

退職の意思を伝えるときには、感謝の気持ちを述べることも円満退職のための重要なポイントです。

これまでの仕事での指導やサポートをしてもらったことにお礼を言って、相手に敬意を払いましょう

謙虚な気持ちで退職の意思を伝えることも大切ですが、曖昧な言い方では、引き止められる可能性が高くなるので、退職する意思はしっかりと伝えるようにしましょう。

退職を認めてもらえない場合の対処法

勇気を持って退職の意思を伝えても、会社によっては退職を先延ばしにされたり退職を認めてもらえない場合があります。

そういった場合には、退職届を提出しましょう。

退職届を提出すれば法会的に退職が成立します

まずは、退職の意思を伝えて、認めてもらえない場合は退職届けを提出しましょう。

会社が強制的に退職の引き止めをしてくる場合や、普段から上司からパワハラを受けていて、退職の意思を伝えることができない場合は、退職代行サービスの利用を検討してみてください。

おすすめの退職代行サービスは、

サービス名 料金 実績 サポート
\ LINEでサクッと退職!/
SARABA
一律2.5万円 退職成功率ほぼ100% 全額返金保証
転職支援あり
残業代などの交渉可
\ 弁護士がフルサポート!/
弁護士法人みやび
5.5万円(+ 残業代などの回収額20%) 東京新聞など多数のメディアで話題沸騰 残業代などの交渉可
\ 創業16年で退職率100%!/
ニコイチ
一律2.7万円 退職成功率100%
代行実績16年
全額返金保証
転職支援あり

関連記事:【徹底比較】おすすめ退職代行サービスランキング【値段・評価!】

まとめ:退職後のことも考えておこう

退職を決めたのであれば、辞めた後にどうすのかを考えておきましょう。

もし辞めた後に転職を考えているのであれば、できるだけ早く転職活動を始めましょう。

転職にはリスクがありますが、転職活動はノーリスクです

仕事を辞めてからの転職活動は、収入源がなくなって経済的な余裕がなくなってしまいます。

そうなってしまうと、焦りが出てしまいよく考えないまま転職をしてしまう可能性もあります。

現職を続けながらの転職活動であれば、じっくりと自分の転職市場価値を調べることもでき安心して転職活動ができる上に、転職先が決まれば、確実に退職できる理由にもなります。

仕事で忙しい中で転職活動を行うなら、プロの転職エージェントを利用することもおすすめです

就活・転職のプロが仕事探しだけでなく、履歴書の添削など様々なサポートを無料で利用することができます。

具体的におすすめの転職エージェントは、

まずは、ぜひ気軽に相談してみて、自分のライフスタイルに合った会社を探してみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

※関連記事です

関連記事

今すぐ辞めたいけど、「引き継ぎが終わらないと辞めさせない」と言われた…ツラい… 私は「後任が見つかるまで辞めさせない」と言われた…早く辞めたい… このように辞めたくても辞めれなくて悩んでいる人のための記事です[…]

関連記事

転職したいけど裏切り者と思われそう… 今の会社には感謝しているけど、それでも退職したい… このように悩んでいる人も少なくありません。 まず大前提として、退職・転職は法律でも保証された社員の権利なので決して悪い[…]

関連記事

今の職場を辞めたいんだけど…何て言って辞めようか…嘘ついたらバレそうだし…そもそも嘘の理由で辞めてもいいの? このように悩んでいる人のための記事です。 結論から言うと、嘘の退職理由で退職しても全く問題ありません。 本当の退職[…]

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!