残業が常態化している職場で12ヶ月間定時で帰った結果【定時で帰ってみた】

こんにちは、でぃお(@BlogDio)です。

私も以前は、残業が常態化した職場で毎日残業をしていました。

そんな私が残業をやめると決めて、実行してからの12ヶ月を振り返ってみます。

残業をやめた理由

まずは、残業をなぜやめたのかを簡単に説明します。

毎日残業して疲労困憊でストレスが溜まって、家族との時間も取れていない時に、

「あれ?これって残業する毎日が永遠と続く感じだ」とふっと気がついたんです。

残業する理由は、考えればいくらでも出てきます。

・助け合いを理由に仲間のサポートをする
・残業代をガッツリ稼ぐ
・上司や先輩にがんばってるアピール erc……

断固たる決意でやめようとしない限りは、なにかと理由を見つけて結果的に長時間労働をすることになります。

私が以前勤めていた職場で、残業をしている先輩や同僚に「なんで残業してるんですか?」と聞くと、

仕事量が多すぎて時間内に終わらないんだよ
残業してると、上司や先輩に頑張ってると思ってもらえる
みんな残業しているから帰りにくい

このような理由で、残業を毎日していました。

残業の理由はいくらでもありますが、私はとにかく定時で帰るを徹底しました。

しかしただ、就業時間中ぼ〜っとして定時になったら帰るは絶対に駄目です。

就業時間中は最大限の仕事をやって、無駄な残業が出ないように努力する必要があります。

残業を辞めて定時で帰り続けた

残業をやめて1週間目

定時が17:20で私の場合は、17:25にはタイムカードを切りに行っていました。

上司や同僚からは、特に何も言われずに、「きっと何か用事があるんだ」と思っていたみたいです。

何も問題なく笑顔で「お疲れ様です」と定時で帰ることができました。

残業やめて2週間目

ここから、上司や同僚の顔色が変わっていきます。

「最近残業しない日が多いな〜、何かあったのかな?」という感じで見られて、時には、

最近早いね〜今日も定時?

など、嫌なジャブをうってきます。

1週間残業していないだけで、こんなことを言われる時点でおかしいのですが、言い争うことはやめましょう。

2週間目も、とにかく笑顔で「お疲れさまです」と言って帰ること続けます。

残業をやめて1ヶ月

1ヶ月の間一切残業をやらないので、

最近残業してないけど、大丈夫?
と直接言われてしまいます。
ちゃんと仕事はやってるから問題ないでしょう!
私は付き合い残業はしません
と言いたい気持ちをグッとこらえて、
「ご心配ありがとうございます。大丈夫です」と言って帰り続けましょう。

大切なことは、言い争うことではなく、定時に帰ることです

残業をやめて6ヶ月

残業を6ヶ月もしないと、上司や同僚は、

毎日定時で暇なら、この仕事もさせよう

と業務量を増やされてしまうこともあります。

決して暇なわけではなく、就業時間中にダラダラして、残業もしているような人より仕事量をこなしているのですが、ここでも我慢です。

ここでも議論することは絶対にいけません。

ここでめげずに、定時内で終わらせるように、自分の出せる知識・経験を総動員して何が何でも定時で帰ります。

就業時間中に一生懸命働いていれば、必ず見てくれて分かってくれる人が出てきます

「定時で帰るけど、一生懸命に一人前には仕事してるよね」と思ってもらえれば、後ろめたさを感じる必要がなくなります。

残業をやめて11ヶ月

「就業時間中は一生懸命働いて、一人前に働いてるけど定時で上がるタイプなんだね」とイメージが定着します。

上司や先輩からのジャブが飛んでくることもなくなり、ここからは業務量が増やされることがほとんどなくなります。

私は残業をしなければ昇進できないとしても、残業をする気はありません。

就業時間内は全力でがんばって、定時になったら帰る。

コレが周りに定着するまでには、時間と苦労がいりますが働き方の方向転換ができて良かったです。

残業をやめて12ヶ月

何があっても定時に帰る人というキャラが完全に定着しました。

残業をやめてから、周りから「また定時で帰ってる……」と言われていたようですが、ここまでくれば自分の話題がでることがなくなります。

どんなに頑張っても残業をやめられない時は

今の職場で残業しないなんて絶対にムリ!
残業生活がこれからも続くのはイヤだ!

という人は、転職活動をするしかありません。

自分だけで「定時で帰る」を実践し続けることは簡単ではなく、キャラが定着するまで時間も掛かってしまいます。

しかも、やっと定着したと思ったら、業務量が更に増やされてどんなに努力して効率を上げても、定時で帰ることができなくなる場合もあります。

残業ばかりで、自分の時間や大切な家族との時間がとれないままなのは、絶対にもったいないです。

とはいえ「残業が少ない会社をどうやって探せばいいの?」と何をすれば良いのか分からない人には、転職エージェントが答えてくれます。

転職エージェントは、企業の内部情報にも詳しく情報量が圧倒的に多くて、得られるメリットは沢山あります。

☑求人の紹介
☑適正に関する悩みの相談
☑面接や履歴書の添削のサポート
☑企業とのやり取りを代行
☑内定獲得後もサポート

など、様々な面で力になってくれて、比較的に安心して転職活動を行えます。

具体的におすすのエージェントは2つ

「残業が少なくワークライフバランスをとりたい!」という明確な意思があるなら、それに適した案件を探してくれます。

在籍しながらの転職活動はノーリスクなので気軽に相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s公式サイトへ

まとめ

自分だけで「定時で帰る」を実践することは苦労もありますし、時間も掛かります。

今の仕事が好きでやりがいを感じているのであれば、「定時で帰る人」のキャラが定着するように全力で勤めましょう。

長時間の残業が続くと必ず身体と心の調子も悪くなり、最悪の場合は取り返しのつかない病気になる可能性もあります。

「今の職場では絶対に残業がなくならない」と感じたらすぐに転職活動を始めてください!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

《関連記事》

関連記事

う〜ん、定時を過ぎて働いても残業扱いにならないし、休日出勤しても残業代が出ないなんて……     毎日30分以上残業してるのに、1日8時間しか働いていないことになってる…なんで残業代がでないん[…]

関連記事

会社を退職したいけど、退職理由は何がいいのか…退職のときに会社や上司とモメたくない…… このように悩んでいる人のための記事です。 結論から言うと確実に退職できる理由は、 ○病気による療養○結婚・出産○家庭の事情○転[…]

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!