【人生が豊かになる】時間単価とは?簡単に解説

時間単価とは何かを理解することで、仕事への向き合いかたが変わったり人生を前向きに考えることができます

時間単価とは

時間単価は、「1時間の労働に対する自分の価値」です

アルバイトなどの「時給」とは違い、時間単価には「労働時間」だけでなく「残業時間」「通勤時間も含まれます

時間単価の計算方法

時間単価の計算方法と例をあげて解説います

《例》
  • 1日8時間労働
  • 月給20万円
  • 月間労働日数20日
  • 通勤時間往復2時間

《計算方法》 月収20万円 ÷ 労働日数20日 ÷ 10時間(労働時間+通勤時間)=1,000円

でぃお
是非みなさんも自分の時間単価を計算してみましょう!

通勤時間で1年で480,000円損してる?

《例》では通勤時間を往復2時間で計算しましたが、これを時間単価で考えると!

通勤時間が往復2時間の場合
  • 通勤時間往復2時間=2,000円
  • 1ヶ月20日勤務 =40,000円
  • 12ヶ月×40,000円=480,000円

なんと通勤だけで年間480,000円分の時間を使って出勤しているのです……

でぃお
現在通勤に1時間以上掛けている方は、引越しもふまえて通勤時間を短くすることを考えることで、時間単価を上げることができます!!

時間単価を知ると無駄遣いが減る

自分の時間単価を知ることで無駄な買い物が減ってきます

例えば10,000円の服が買いたい時に、時間単価を考えます…

「私の時間単価は1,000円…10時間働いてまで買う価値があるのか」

と考えます「それでも欲しい」と思えるのであれば買うといいし、「うぅ〜ん悩む」と思えば買うのをやめましょう

時間単価を上げる方法

現在の日本の資本主義社会において、給料の大幅アップを期待できません

そのため時間単価を上げる方法は下記の3つです

  1. 給料水準の高い職場に転職する
  2. 職場の近くに引っ越しをする
  3. 副業を始める

1.給料水準の高い職場に転職する

給与を上げるには、今の職場でどれだけ頑張ったとしても

時間単価はなかなか上がらないので

自分のスキルに見合った給与水準の高い職場へ転職すれば

時間単価を上げることができます

2.職場の近くに引越しをする

通勤時間がいかに無駄なものか

これまで話した中で理解できているかと思います

そこで通勤時間を往復2時間から1時間にすることで

年間240,000円減らすことができます

3.副業をはじめる

本業以外の空いた時間で副業を始めることで時間単価を上げることができます

まとめ

今回は時間単価とはなにか、について解説しました

自分の時間単価を計算し意識することで今後の行動が変わってくると思いますので、これを機会に自分の時間単価を計算してみましょう

スポンサーリンク
Twitterフォローもお願いします!